決められませんでした。

あ、どっちでもいいです。

金づる

その知り合いはメアドの作り方が分からなかった。
ググればすぐ作り方なんて出てくるのに。


だが俺も金は欲しい、5000円で教えてくれとせがまれて渋々請け負ったが、本音はめちゃくちゃ感謝していた。

学校帰りに知り合いの家に行ってテキトーに済ませて5000円を貰いソッコーでLAWSON、課金をした。人生で初の課金はぼったくって稼いだ5000円。
欲しかった服とペットを買って満足した。


これに味を覚えた俺は、こいつを金づるとして扱うようになった。

『課金のやり方教えてやっから金くんね?』
『一緒に遅刻してやっから金くんね?』
遊戯王のカード買ってくんね?』
PSPに曲いれてやっから金くんね?』

当時俺は決闘者(デュエリスト)だった。
余談だが、DAIGOみたいな指抜きグローブをアベイルで買って、公式大会に出て恥を晒した。
でも今でもイケてると思ってる。割りとマジで。


遊戯王とピグの両立を目指して俺は金づるからどうやって金をむしるか必死に考えた。


考えた末に、
『宿題やってやるから金くんね?』
この言葉がスルりと口から出てきた。


俺は3000円でワークの漢字練習を始めた。
家ではピグと遊戯王のデッキレシピを練ること以外したくないから行間時間に取り組んだ。


予定ではその日の帰りに3000円を貰うはずだった。
が、ここで思わぬアクシデントが起きる。



『えwwなんで今宿題やってんの?wwww』
学年トップのDQNが絡んできた。


『家でやるのめんどいから今やってんだよねwww』
なんとか誤魔化したい俺氏。
金もらって宿題やってるなんてバレたら、俺の好感度はだだ下がりである。最初から無かったのだが。


『え、てかこれお前のじゃなくね?』
『いや、俺のだけど(裏声』
『あ?これ○○のじゃん、なんでお前こいつのやってんの?ちょっとまってろ。』


まずい。
ばれた。
金のことは話すなよ金づる。
ホントに焦ったときは汗だけじゃなく涙も出そうになるし叫びたくなる。


必死で考えを張り巡らせた結果、



俺はしらばっくれた。
せっせと金づるの課題を進める。
めんどくさいことになるなよと祈りながら。
黙々と。


すぐだった。
『わり、もうやんなくていいよ』
金づるが泣きながら俺の机に来た。



終わった。
お前全部ゲロってんじゃねえよ。
最低である。



金づるは早退した。
行間休みの10分間の出来事だった。


(俺の3000円…俺の好感度…)
そのあとのことは覚えてないが、これから俺収入源どうしよとか考えてたと思う。


放課後、いつも通り部活サボって帰ろうとしたときに担任にとめられる。


『部活終わったら生徒指導室に来てください』


めんどくせ~。
部活行かなきゃなんねえのかよ。
しかも終わってもすぐ帰れねえし。



そして生徒指導室で洗いざらい正直に吐いた。
どうせ金づるが全部ゲロってるからしらばくれてもめんどくせえし。
ライアーゲームの再放送でなおちゃんが人間は正直が一番とか言ってたし。


全部話して終わりかと思った。
担任の口調が変わる。


『おめーよぉ、あいつのこと金づるとしか見てねえだろ』



え、嘘やん。
いまから説教タイム?
てか口調いきなり変わったしこわあ。
やめてえ。泣きそう。
はぁ~~~~~~~~帰りてえ。



『いや、○○君とは友達です』
無意識に言葉が出た。
そんなこと思ってもないのに。
金づるとしか見てないのに。
怒られたくないし、帰りたいし、めんどくさいし、なにより自分が一番可愛い俺は穏便に終わらせたい。
ここで歯向かっても、この人には勝てない。



『おめえは友達から金とんのか?あいつもバカだけどよぉ、おめえはもっとバカだ。自覚しろ。』

『今回は本当に自分がバカだったと思います。すみませんでした。○○君にも今日謝りにいきます。』


こんな感じの流れで生徒指導室から出てった。
我ながらかなり穏便に終わらせた。


その後、金づるの家に向かう。
流星のロックマンWi-Fi対戦をしたあとに、親父と向かう。


入ったとたん、




『すみませんでした!!!!!!!!!!!』
泣きながら金づるが玄関で土下座してきた。



正直笑った。
笑いをこらえるのに必死だった。
俺が悪いのになあ。
こいつなんもしてねえのにごめんなあ。



『あ、俺のほうこそごめんね』
俺は土下座なんてしない。
軽く会釈した。


次の日、俺はそいつと学校にいくことになった。
昨日は親父がいたからいいが、金づるの家にチャイムを鳴らすのが何か怖かった。


チャイムを鳴らすと金づるが出てきた。


『昨日はマジでごめん』
形式的に謝る俺。



『おまえさぁ、なんで担任に全部ゲロったの?俺呼び出されてめっちゃ怒られたし、親にもすげえ怒られたわ。マジ氏ね。』


流石に笑いをこらえきれなかった。
金づる、やっぱ俺もお前もバカだ。


それからも俺は金づるに物を売ったり、なんやかんやで金を巻き上げた。



成人式で会えたらまた金くれよな。

ブログ

俺が初めてブログを書いたのは中一の春。
当時一部でカリスマだった中二のブロガーと絡みたくてアメーバピグを始めたのがきっかけである。


もう七年近く前の話だけど、あの頃はブログ、ピグが衰退していくなんて考えてなかった。何かあったらすぐiPodで写真を撮って記事にしたり、ピグでは仮想彼女を作ったり、さながらあの頃から痛いやつだと自負している。


そして、アメーバピグにのめり込むことになる。もちろん一介の中学生、しかもネットでもコミュ障な俺は自ら絡みにいくこともなく、ただただGREEの二番煎じの釣りゲームを嗜んでいた。


秋になると俺の学校でもピグが流行り始めた。
俺の周りでもやり始めるやつが出てきた。


ある日、俺の知り合いが始めたいと頼み込んできた。
こいつとの絡みをきっかけに俺は微妙に落ちぶれることになる。


続きはまた今度。
関係ないけど明日の大学もうんこっこである。

友達がいない

久しぶりにブログを書こうと思う。
一ヶ月前ほど前にテストが終わり夏休みを送っているわけだが、楽しいことはほぼない。


その要因として俺は大学に友達が一人しかいない。
何人かとは絡んでいるがなんも面白くない。
ただ一人でいたくないから絡んでいるという感じだ。そんな生活がそろそろ2年を過ぎようとしている。





限界である。




もう面白くない話とかネタで笑う余力もなければ、俺が笑わそうとするような気力もない。自分が面白くないことに気づいてないのに他の奴らをいたぶる勘違い低脳屑野郎だ。


まあ俺に言われたくはないだろうけど。。。


大学の奴らに比べて地元の奴らはぶっ飛んでるし笑いのセンスもかなりある。一緒に遊んで面白いし最高である。うわべの関係がないことも良い。




大学の俺の周りつまんねえなあ。
勉強できるやつは総じてつまんねえよ。勉強できない奴らのほう面白いし楽しい。

TRICK

結局前回の記事で書いた必修のレポートは終わらなかった。

担当教員に連絡してちゃんと出すと頭を下げて、

早三日。以前終わる気配はない。

だが今日提出すると言った以上、約束は守りたい(守るとは言ってない)。

 

そして現在、一応取り組んではいるのだ。

ながら作業なのだが、それでも取り組んではいるのだ。

 

 

ドラマのTRICKを見ながらね。

いやあ何度見てもおもしろい。

小学校のころはよく再放送で見ていた。

今見ても面白い。

だが、時々不気味なシーンもある。

ラストシーン、子供の笑い声で締める回なんて、

当時、金曜ドラマで見ていたらもう眠れないだろう。

それもまた見どころなのだが。

 

そんなTRICKというドラマの名言の一つに、

なぜベストを尽くさないのか

というものがある。

今の私にぴったりな名言である。

なぜベストを尽くさないのか・・・。

なぜだ・・・。

単純に心の弱さなのであろう。

 

ピアノの不協和音と共にSEASON1の7話が終わろうとしている。

さて、私も続きに取り掛かろう。

 

その前に、一服してツイッター見てちょっと休憩しよう。

変わりたいなあ。。。

はじめまして

ブログを始める。
今日提出のレポ-ト3つの内、ようやく1つ終わらせた今、余裕は無いが焦りもない。いや、焦りはあるがどこかで何とかなると思って後々後悔し現在に至る。


私は大学二年生だ。
地元の友達は一桁、大学では話すやつは居ても友達はいない。俗に言うぼっちでもないが、ぼっちには近い存在である。(ぼっちの人見てたらごめんなさい)


一年次に必修科目の単位を一つ落としている。
そのため後期は一年生と再履修を受けることになっている。
そして現在、残る二つのレポ-トの内一つのレポ-トは必修科目。
この科目は落とすと後期ではなく、来年の前期に受けなければならなくなる。
そうなると大学の事情で授業は他の場所で受けなければならないのだ。
つまり授業を受けるための交通機関の移動費、移動に時間を割くため、そのコマの前後の授業は移動時間とカウントされ履修できないのだ。
もし、この科目を落とすと私は留年に近づいてしまう。



そんなのは嫌だ。
レポ-トに取り組むだけの時間はたくさんあった。
でも、やらなかった。
やりたくなかった。
興味がある大学でもないが、就職はしたくない。
大学よりも専門に行きたかったが、親に逆らう度量を私は持ち合わせてないのだ。
他にも理由はあるが、それはまた後々ブログに書いていこうと思う。



そんなこんなで現実逃避でブログを作りました。
自分より下の人間を見て安心したい人、共感してくれる人、おまえより積んでるわって人、誰でもいいです。見てくださるだけで励みになります。